HomePage Search PastLog Admin

最新の『岡村日記』

はてなダイアリーでも同じものを公開しています。http://d.hatena.ne.jp/okmrtyhk/


夜の北新地
  Date: 2022-08-17 (Wed)

先週の大阪出張。
21時近くまで仕事をして、何人かでラーメンを食べて帰ろうとなる。
夜、完全に日が落ちてからの北新地を久しぶりに歩いた。
黒い服を着て肌も焼いた男たちが店の前にうじゃうじゃと立っている。
席について3分話すだけで何十万も請求されそうな、
ゴージャスに巻き上げた髪の何百万もしそうな着物を着た女たちもチラホラと歩いている。

その筋の人たちなのだろう、迂闊には近づけない雰囲気を漂わせた男たちも多い。
その一方で何をして暮らしているのかよくわからない、
ぼろきれのような人も片隅でうずくまっていた。
派手なスーツを着て賑やかに店を出てくる人もいれば、
どこぞの親分なのか店を出たところで子分たちが何人も出迎える、
黒塗りの大きな車が待っている、という人もいた。

花屋が一軒か二軒あったように思う。
こんな時間なのに営業している。
というかこんな時間だからこそ忙しい。
高級な店に運ぶのだろう、大きな花束を抱えて走り回っていた。
ちらっと見るだけだったが胡蝶蘭のようなものも台車で運んでいた。
客の側からの女たちへのプレゼントなのか。
あるいは何らかのご祝儀なのか。

昼はそんな姿を見せない。
サラリーマンやOLたちが連れ立ってランチの店を探して歩いている。
少し出遅れただけでめぼしい店はいっぱいになりランチ難民になってしまう。
雑居ビルの中のバーや居酒屋が昼だけのメニューを出している、そんな店も多い。
腕に覚えのある小さな店はすぐ満席になる。

何がすごいって競争が激しいからとんでもなくコスパがいい。
北新地は高級な焼肉屋が多く、え? この肉で1,000? という店がいくらでもあった。
今週の出張で入った店は「肉まぶし重」だったか。
こんなトロトロに蕩けるような肉のたたきが乗ったのが1,480円!?
東京なら3,000円取られてもおかしくない。
しかも LINE で友達登録したら1,000円になるという。
友達登録でここまで割引になるというのも初めてだった。
夜はコースが11,000円から。
和牛カルビが1枚で1,500円ぐらい、A5ランクで2,000円とか普通に。
全然無理。

昼と夜で街の顔が全く違う。
一つの店の中でも違う。
すぐ近くに梅田で地下街も長く伸びている。
もう全く、味わい尽くせない。
この町を垣間見ることができてよかった。

先週買ったCD #96:2022/08/08-2022/08/14
  Date: 2022-08-16 (Tue)

2022/08/09: BOOKOFF 大阪難波中店
Keiko Lee 「Voices The Best of Keiko Lee」 \550
Lisa Stansfield 「Lisa Stansfield」 \330
Finch 「What It Is To Burn」 \550
Dum Dum Girls 「I Will Be」 \550
Shakira 「MTV Umplugged」 \550
Big Mountain 「Raggae Remakes Covers In Paradise」 \510

2022/08/12: www.hmv.co.jp
Big Mountain 「The Best of Big Mountain」 \110

2022/08/12: www.amazon.co.jp
Keiko Lee 「Live 1999」 \680

2022/08/13: DiskUnion 吉祥寺店
橋本一子 「D.M.」 \2385
Blink-182 「The Mark, Tom, Travis Show」 \342
Julia Holter 「Have You In My Wilderness」 \612
Erykah Badu 「Baduizm」 \990
Sly & The Family Stone 「The Woodstock Experience」 \1935
The J.B.'s 「The J.B.'s Reunion Bring The Funk On Down」 \522
Les Rita Mitsouko 「Les Rita Re Mitsouko」 \612

2022/08/13: BOOKOFF 吉祥寺駅北口店
Frank Zappa 「谷中敦 from TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA meets Frank Zappa」 \450

2022/08/13: COCONUT DISK
(V.A.) 「ワイルド・サイケを歩け」 \1100
(V.A.) 「Sign off Amadeus」 \300
(Soundtracks) 「誰がために オリジナル・サウンドトラック」 \660

---
Big Mountain 「Raggae Remakes Covers In Paradise」

先週の火曜。
大阪出張の合間のブックオフ巡りは心斎橋、戎橋と来ていよいよなんばへ。
500円のコーナーを眺めていたら、Big Mountain のカバーアルバムが目に留まる。
続けて、ケイコ・リーのベストアルバム。
どちらも偶然、一曲目が John Lennon の”Imagine”だった。
これも何かの縁かと両方買ってみることにした。
500円コーナーの良さというのは掘り出し物が出てくるかもという期待感と
それまで聞いたことのなかったアーティストであっても
この値段なら試しに聞いてみるかと思えることにある。

Big Mountain なんて売れ線のざっくりしたバンド、ぐらいに思っていた。
大ヒットした”Baby, I Love Your Way” を知ってれば十分で、それもラジオで時々リクエストされる。
詳しくなる必要はないのかもしれない。
一方で毎年夏になるとレゲエのCDを何枚か買うけど、
大概が DiskUnion で見かける幻のレア盤の再発とかで。
ムズムズしてきてついつい買ってしまう。
でもこういうのってレアになるだけの理由がそれなりにあって、名盤に出会うことも少ない。
そういうのも疲れたな、と昨年からなんとなく思っていた。
そこに出てきたのが Big Mountain で、たまには気楽なものも聞きたくなった。

他にキャロル・キングが作曲してジェイムズ・テイラーでヒットした ”You've Got A Friend”
Swing Out Sister やトッド・ラングレンもカバーしたソウルの名曲”La-La Means I Love You”
珍しいところでは AOR になるのかな、Mr. Mister の”Broken Wings” など。
曲によってはダイアナ・キングをフィーチャリングしている。
そもそも ”Baby, I Love Your Way” もピーター・フランプトンのカバーだったんですよね。
レゲエももともとは盛り場でヒット曲を演奏するバンドから始まってるのだから
カバー曲が多いのは不思議なことではない。
ボブ・マーリーのようなシンガーソングライターの方がむしろ少ない。

解説を読んでいて、おっと興味を持ったのは
彼らはジャマイカやイギリスのバンドなのではなくて
アメリカ西海岸のサンディエゴ出身なのだということ。
だからあんなふうにカラッと明るいのかもしれない。
もうひとつ、Big Mountain は売れていく過程の中で初期メンバーが脱退、
加わったメンバーのうちのふたりが、Soul Syndicate にいたんですよね。
70年代から80年代前半にかけて活動したジャマイカの隠れた名バンド。
いぶし銀のスタジオワークの達人たち。
なんで Big Moutain へ? 
アメリカで成功したかったのだろうか。
90年代の Aswad がポップ路線で大化けしたように。

このカバーアルバムそのものは個人的には今一つで、
”Imagine” のカバーもさほど必然性が感じられなかった。
”You've Got A Friend” も ”La-La Means I Love You” も ”Broken Wings” も
いろいろやってますよ、というだけ。
その後HMV のサイトで110円にて購入したベスト
「The Best of Big Mountain」(1998)の方が断然よかった。
一通り聞いたわけではないけど、彼らの全盛期は
”Baby, I Love Your Way” の収録された「Unity」(1994)など
90年代なのだろう。
今回購入した「Raggae Remakes Covers In Paradise」 (2003)には
「The Best of Big Mountain」で聞けるような屈託ない風通しのよさが感じられない。

しかし、レゲエのカバー集をもうちょっと聞いてみたいという気持ちにもなって。
次は Inner Circle のを聞いてみようと今、取り寄せているところ。


身辺雑記:08/08-08/14
  Date: 2022-08-15 (Mon)

08/08(月)

4時半起き。
瓶缶ペットボトルを出して大阪へ。
この日は資料作成のみ、しかしそれが終わらず。
昼は手早くと先日食べたステーキ屋の牛肉ゴロゴロカレー。
夜は後輩たちとラーメン屋へ。
目当ての店が閉店していて結局入ったのが「町田商店」
家の近くに数年前にできて一度も入れずじまいだったのがなぜか大阪で入るという。
22時前にホテルに入って大浴場。
缶チューハイを飲みながら月曜から夜ふかし。
『人喰い』の続きとパティ・スミス『M Train』を読む。
午前0時前に寝る。

---
08/09(火)

6時起き。大浴場へ。
芋たこなんきん、ちむどんどん、グレートトラバース3を見てホテルを出る。
この日は仕事の谷間で午後休にした。
昼は後輩と第2ビルの地下の「北斗星」でトルコライス。
14時半にオフィスを出てなんば。
コインロッカーに荷物を預けてブックオフ。
めぼしいものないなと思いつつも結局6枚買ってしまった。
高島屋に入って最上階まで行って下りてくる。
お土産にお菓子を買う。焼き鳥を買う。

早めに新大阪の駅に入ってEXのカードを写真に撮って転送して
出張精算手続きを行う。
お盆の時期なので駅が混んでいる。待合室に空きがない。
18:15 の新幹線。
焼き鳥を食べながら缶チューハイ。
買ってきたCDの解説を読む。『人喰い』と『M Train』を読む。
混んでても隣は座らないようだと思っていたら名古屋で。
慌てて隣の席に置いていた荷物を片付ける。

東京はモワッと暑かった。
駅まで妻に来てもらう。
町中華でやろうぜがカレーSPで神保町の北京亭など。
一橋学園の店も出てたな。
モヤさまが大山。途中で寝落ち。
午前0時過ぎに寝る。

---
08/10(水)

7時起き。縄跳び、クッション腹筋。
コーヒー、ヨーグルト、梨。
昨日の出張の片づけをして9時に始業と思っていたら
急ぎの打ち合わせで8時からセットされていた。
内線もかかってきていたが気が付かず。
9時から仕切り直しとなった。
この日はほぼ打ち合わせで終わり。
しかし定時過ぎに解散。
金曜は休めず、在宅勤務。4連休とならず。

仕事を終えようとした頃、個人PCの調子が悪くなって再起動したら立ち上がらず。
何度試してもチェックや修復に失敗して立ち上がらない。
しまった…
もっと早く買い替えればよかった。
とりあえずPCを初期化してみる。
それがなんとうまくいった。4時間近くかかって。奇跡だ。
業者に頼んでデータの取り出しとなると7・8万ぐらいかかるのでは、と青くなっていた。
明日ヨドバシに買いに行ってセットアップとファイルの移行を行うことにする。

夜は妻が作った焼肉丼。
ボッチキャンプを見て寝る。

---
08/11(木)

7時起き。
縄跳び、クッション腹筋。コーヒー、ヨーグルト。
いつも通りちむどんどんなど見る。
洗濯物を干し、9時半過ぎに新宿のヨドバシへ。
初めて入った駐車場。というか、駐車場があることを知らなかった。
デスクトップPCを買うつもりが、今は全然売ってないのですね。
隅に追いやられていた。
しかし、展示品で安くなってるのを見つけ、1年前のでもいいかと買うことにした。
妻も別のデスクトップPCを買う。
展示品だったので初期化とクリーニングで1時間ほど待った。

昼は地下街のカレーイマサで。
全部乗せ的なカレーがなくなっていた。
新メニューのわらじトンカツにする。想像以上に大きかった。
ヨドバシに戻って地下の売り場で外付けのハードディスクをポイントで買う。
CD売り場を覗く。さらに洋楽コーナーが小さくなっていた。

成増へ。
本来この日は練馬区美術館で朝倉摂展を見た後で
成増アートギャラリーで「大川直人写真展 GOODTIME MUSIC」という予定だった。
どちらか一つ、ということで成増へ。
EPIC SONY のアーティストを撮影した方なのかな。
BARBEE BOYS や岡村靖幸、Bo Gumbos……
しかし何といっても忌野清志郎。
清志郎が描いた自画像と清志郎の写真のコラボが目玉。
思いがけずいいものを見た。
入場料2,000円だが、飾っていた全ての写真のカタログがついてくる。
これはうれしい。

ライフに寄って帰ってくる。
その後はずっとセットアップ、インストール、
これまで使ってきたPCからの写真やメール、iTunesの楽曲ファイルの移行。
新しいPCは気持ちいい。
これまで使ってきたPCも長いことありがとう。
しかし、…iTunes のファイルが16万曲。
3時間近くかかって80%まで外付けHDDに移したところで
いらんことをしてエクスプローラーが停止。
またイチからやり直しになってしまった。

サラメシはなし。
猫歩きは再放送で岩手。
夜は妻のつくる、かぼちゃとベーコンにチーズをかけてオーブンで焼いたもの。
迷宮グルメ。
『人喰い』の続きを読んでいるうちに寝落ち。
町山智浩のアメリカ。
iTunes のファイルを HDD に移し終えたので新しいPCへ。
メールの移行までは行えた。
午前0時に寝る。

---
08/12(金)

7時起き。
縄跳び、クッション腹筋、コーヒー、キウイ、ヨーグルト。
この日、多くの人は休みか。
9時前から仕事。終日、先日の見積の見直し。
昼、妻の茹でるざるそば。
もらい物の出雲そばとのことでおいしい。

光星学院八戸と愛工大名電。
いっとき4点差をつけるも終盤追いつかれて、延長へ。
10回裏にサヨナラ負け。

定時まで仕事。
ライフに買い物。
この日は曇り時々雨。
台風が近づいていてモワッとする。風が強い。

新日本プロレスはSANADAとウィル・オスプレイ。
身体能力の高い、テクニカルな空中戦。
新日本風土記は鳥海山。
夜は妻が鹿島の餃子をやいてくれた。
ツマミになる話、おんな酒場放浪記、ベストヒットUSA
タモリ俱楽部が1時近くだったので見ずに寝た。
午前0時半過ぎ。

---
08/13(土)

7時起き。
縄跳び、クッション腹筋、コーヒー、ヨーグルト、梨。
バスに乗って吉祥寺へ。
父が制作した、当時の支局長の書いたコラム集を読み始める。
台風接近で大雨、小雨を繰り返す。

DiskUnion とブックオフで中古CDを買って
Birkenstock で修理のためサンダルを預ける。
しかし、世界的な原材料不足でいつになるかわからないという。
いせやで焼き鳥、生ビール、ハイボール。
COCONUTS DISK にも寄っていく。

14時から編集学校の友人と妻と3人で。
熊本の食材を扱う店。
17時までいて百年に向かうもお盆だからか、台風接近だからか、休み。
ハワイの店で飲み直して、伊豆に台風が上陸のニュースを見て
バスに乗って帰ってきた。

買ってきたCDを iTunes に取り込む。
『人喰い』を少し読む。
いつの間にか雨はやんでいる。
お笑い向上委員会、世田谷ベースを見て寝る。
午前0時。

智辯和歌山が初戦敗退と聞く。

---
08/14(日)

7時起き。小雨。縄跳びはせず。
クッション腹筋。
『人喰い』の続きを読む。
街録。イタリアの再放送。Lazy Sunday

この日は特に買い物に行かず。
昼は賞味期限切れのアルミのカレーうどん。
油揚げと乾燥天ぷら、生卵を追加。
新聞のクロスワードパズル。
『人喰い』読み終える。
E・キューブラー・ロス『死ぬ瞬間 死とその過程について』を読み始める。
笑点。
孤独のグルメは Season8 へ。
夜はローストビーフ。
下の部屋で夕涼み。CDの解説を読む。
ポツンと一軒家。
パティ・スミス『M Train』の続き。
中川家のコントを見て寝る。チュートリアル。福田ががんばる。
23時前に寝る。

台風の日
  Date: 2022-08-14 (Sun)

昨日は編集学校時代の友人と会うため、吉祥寺へ。
台風メアリーが関東地方を直撃とされていたが、まあなんとかなるだろうと。

9時に家を出てバスに乗る。
この時点ではまだ雨は降っていない。
石神井公園を過ぎて上石神井に向かう途中。
ふと見ると右側の窓には強く打ちつけられた雨。
左側は濡れていない。
バスの右側を歩く人は傘を差していて、左側を歩く人は傘を差していなかった。

上石神井駅周辺で大雨、吉祥寺駅では小雨。
しかしすぐにも雨足が強くなった。
10時過ぎ。
Birkenstock にサンダルを持って行って修理を依頼する。
底がすり減ってしまった。
ストラップが限定色のカーキグリーンで、なかなかこの色は出ない。
5・6年は履いているかもしれない。前にも一度を底を張り替えている。
しかし開店は10時半。
DiskUnion で時間をつぶす。
中古CDを買うにしても自分の中で上限を5,000円と決めていたが、
Sly & The Family Stone の1969年の Woodstock コンサートを見つけてタガが外れる。
他、前からなんとなく気になっていた橋本一子の80年代の作品や J.B.’s の再結成盤など。

Birkenstock へ。
店長らしき方に渡すと、今、世界的な原材料不足でいつ入ってくるかわからないという。
標準なら2カ月時間をもらうが、半年以上かかるかもしれない。
それでもいいかと聞かれて、構わないと預けることにする。
彼が書類を用意している間、店内の商品を見ていてくださいと言われるが、
狭い店内でさほど見たいものはない。
ガラス張りの向こうは土砂降り。

CDの解説を読みながらビールを飲むかと昼は北口のいせや。
時間があったのでその前にブックオフ。
Frank Zappa 好きのアーティストが選曲したベストのシリーズというのが90年代後半に出ていて
Boredoms の山本精一、ヒラ、ATARI に寄るものを持っていたが、
この日スカパラの谷中敦のを500円コーナーで見つけた。

いせやの開店待ちに並ぶ。
男性客ばかり10人ほど。

待ち合わせは14時で、13時過ぎにいせやを出る。
時間があったので COCONUTS DISK へ。
矢野顕子のピアノと歌だけのサントラ、
Little Creatures プロデュースのコンピ、
昭和の時代の映画のサントラから川勝正幸が選んだコンピを買う。

店に入る。「ゼノンカフェ」という名前。
少年ジャンプの編集長だった方の手掛けた店で熊本出身。
熊本の野菜、馬肉を使ったおしゃれな料理だった。
熊本のトマトを使ったサワーを飲んだ。
この店を訪れた漫画家の色紙が入り口に多数貼ってあった。
ワカコ酒の方とか。ルパン三世はもしかしてモンキーパンチ先生か。
外の席にバーベキューコンロが設置されていて、若者たちがはしゃいでいた。

17時までいて店を出る。
妻が古本屋の「百年」に行こうという。
雨の中、駅の反対側、西側の商店街に向かう。
ハモニカ横丁を通り過ぎる。
さすがにこの日はサトウも行列ができず。
メンチカツ、買えばよかったな。
交差点を渡る。お盆休みなのか「百年」は休業していた。

PARCO の辺りまで引き返す。
ハワイの店に入った。店内にブランコの席がある。
他に客はなし。こんな時に店を開けてないといけないのも大変だ。
生パインサワーなど飲む。
18時半過ぎ。ふと見ると台風が伊豆半島に上陸というニュース。
帰れるうちに帰ろうとなった。
入れ替わりに若者たち3人のグループが。
吉祥寺に住んでいるのか、帰るのをあきらめたのか、詳細な天気予報を押さえているのか。

バスがあってよかった。
練馬区に河川の氾濫の警戒警報が。
しかし、それほど降ったのだろうか。
20時前、家の近くのバス停に着く。雨はだいぶ落ち着いていた。
その後も大して降ることはなかった。
台風はどこに行ったのか。何事もなくてよかった。

「大川直人写真展 GOODTIME MUSIC」
  Date: 2022-08-13 (Sat)

山の日の祝日だった木曜、新宿のヨドバシに新しいPCを買いに行った帰り。
本来この日は練馬区美術館で朝倉摂展を見た後で
成増アートギャラリーで「大川直人写真展 GOODTIME MUSIC」という予定だった。
後者が最終日ということでそっちに行ってみることにした。

成増駅の近くに区の施設があって、その3階にアートギャラリー。
副題に「音楽の仕事40年の軌跡」
会場にはモノクロのポートレートが並ぶ。
BGM がいきなり BARBEE BOYS で彼らの写真もあった。
僕はこの方のことを詳しくは知らなかったが、名前を知らないだけで
その写真は雑誌やCDのジャケットなどでよく目にしていたのだろうと思う。
ドリカム、大江千里、渡辺美里、岡村靖幸、大沢誉志幸、BO GUMBOS、
山崎まさよし、米米CLUB、尾崎豊、竹内まりや、山下達郎、
鮎川誠、シーナ、チェッカーズ、槇原敬之、久保田利伸、甲本ヒロト……

80年代のは EPIC SONY 所属のアーティストが多いのかな。
しっとりしつつも柔らかい質感がある。
寄り添いはしないけど、突き放しもしない。
被写体との距離感について、ブレないルールがありそうだった。
調べた妻が言うには、昨年世田谷区の赤堤に昨年天然光のスタジオをつくったのだという。

別室には忌野清志郎が大川直人を描いた手書きの等身大のポートレート、
その横で忌野清志郎並ぶという大きな写真。
これは僕らも撮影してSNSに上げてもいいという。
やっぱボスはかっこいいなあ。
会場にはギターの代わりに箒を抱えて歌っているのや、
HIS(細野晴臣、忌野清志郎、坂本冬美)の3人もあった。
会場の方が僕ら夫婦が等身大のポートレートの前で並んでいる写真を撮ってくれた。
裏話も教えてくれた。
妻が叶姉妹から花が贈られてますねと入り口に置いてあった胡蝶蘭を指さすと
目が飛び出るような金額と、叶姉妹は大川直人にしか撮らせないんですと。

いいものを見たな、と思った。
入場料2,000円で全写真を掲載したカタログがつく。これは安い。
妻はゴールンデンウィークの銀座のギャラリーでの展示を見逃して、ようやく成増で。
今後も浅草や浦安など都心のギャラリーで開催されるようだ。
https://naoto-ohkawa-photography.com/goodtimemusic/

図録を見て懐かしく思ったのはアーティストの名前とポートレートもさることながら
掲載されたメディアも載せていたところ。
「ROCK'N ROLL NEWSMAKER」や「PATi PATi」「CDデータ」など。
80年代後半から90年代前半にかけて。あのころはいろんな音楽雑誌があった。

PCが立ち上がらない
  Date: 2022-08-12 (Fri)

水曜のこと。
在宅勤務では机の上に会社から貸与されたノートPCと私用のデスクトップPCとが並んでいる状態となる。
ネットワーク的につながっていることはなく、仕事中だと私用PCはネット検索で使うぐらいとなる。
夕方その日最後の打ち合わせを行っているとき、
ふと見ると私用PCにエラーメッセージが出てOKボタンを押すと画面が真っ暗。
なんか調子悪いのだろうと再起動してみるが、うまくいかない。

OS を立ち上げている画面で
「The operating system did not shutdown cleanly.
 Reconstructing Cache Metadata.
 Please do not interrput this process.」
とチェックしている画面になる。
これは強制シャットダウンした後でいつも出てくるので怖くはないのだが、
いつもならその後普通に利用可能となるのがこの日は
続けて青い画面となって
「デバイスに問題が発生したため、再起動する必要があります。
 エラー情報を収集しています。自動的に再起動します」と出る。
詳細を見ると「PAGE FAULT IN NONPAGED AREA」などと。
再起動が始まるも
先ほどのOSを立ち上げる画面に戻って
下の方に「自動修復を準備してます」あるいは「PCを診断中」と。

これが何度か繰り返された。
青い画面のエラーの詳細は
「SYSTEM THREAD DECEPTION NOT HANDLED」ということもあった。
そうか、ついにこのデスクトップも壊れたか……
10年ぐらい使っていたもんな。最近はだましだましだった。
もう何年も前にDVDプレイヤーが使えなくなり、
再起動時はなぜか1回で立ち上がらず、
電源ボタンを長押しして強制シャットダウンしてやり直す必要があった。
そのうち買い替えるかと思っているうちに1年経ち、2年経ち、
エラーが出て再起動というのも何度かあった。

もう立ち上がらないのだろうか。
ディスクかどこかが壊れたか。
かろうじて動くうちに買い替えてファイルを移行すべきだったな……
このまま再起動できなかったらファイルを取り出すのは難しくなる。
メール、写真。そして iTunes に取り込んだCDの音源ファイルたち。
これをイチから2万枚か3万枚取り込み直すなんて気が遠くなる。
業者に頼むしかないか。
修復ないしはハードディスクからのファイルの取り出し。
ざっと見て最安値だと4万ぐらいか。
しかし、固定料金や安いところは成功率が低かったり
追加料金を要求されたりとトラブルになることもあるという。
定評あるところに頼んで見積してもらうべきか。
2TB 分のファイルを外付けHDDに入れたもらうとなると
倍の8万ぐらいになるのだろうか……
ああ……
致し方なし。怠った自分が悪い。
ファイルのバックアップを取るといった手段も講じてこなかった。

業界最大手のところは24時間対応のコールセンターもあるようで、
電話してみるかと思う。
しかし、もう少しあれこれ試してみてからでもよさそう。
再起動を繰り返すうちに、修復などいくつかの選択肢を選ぶ画面が出てきた。
この辺が怪しいだろうかと
最近更新した Windows の更新プログラムをアンインストールするという選択肢を試してみる。
機能面と性能面と2つあっただろうか。
しかしどちらもアンインストールにしましたとなった。
他に取れる選択肢は
ファイルを残しての初期化・OSの再インストールか
完全にまっさらにするか。
もちろん前者にする。

初期化が2時間ほど。
進捗の%が最初全然進まず、途中小刻みに上がってはまた全然上がらずとやきもきする。
しかし、次のOS再インストールへと進んだ。
こちらも最初全然進まず、途中小刻みに上がってはまた全然上がらず。
こちらも2時間近くかかった。どきどきしながら待つ。
ディスクが壊れているなら途中でインストールも失敗するだろう。
さっきから88%のままで止まっている……

それがふっと、インストール中の画面が消えて
なんと Windows の風景の画面が出てきた。
奇跡か。奇跡が起きた。
しかし、初期化されたので自分で入れたアプリは全て削除されていた。
iTunes も Thunderbird も、Google も。きれいさっぱり。
でも iTunes を入れ直してみたら保存している曲がいつも通り表示された。
写真もアクセスできた。
これはもう危険だ、明日朝イチでヨドバシに行って新しいデスクトップPCを買ってきて
セットアップしてファイルを入れ替えようと決める。
モニターは1台きりだろうからと入れ替え作業用にGoogle と、Google Desktop を入れておく。

木曜の朝、10時前に家を出て妻の運転する車で新宿西口のヨドバシへ。
駐車場があるという。
あの辺り、駐車場って見たことないように思うが……
人通りが多く、車も入りにくい道路を右往左往して何度か振出しに戻りながら見つけた。
以前バスターミナルだったところ、今はスマホ売り場になっているビルの地下3階、4階がそうなんですね。
立体駐車場のように車ごとエレベーターで降りて行って
地下3階に着いてから自分で運転して駐車する。
こんな仕組み初めて、と妻は言う。

いざ、パソコン売り場。
驚いたことに、今ってデスクトップPCって絶滅危惧種なんですね。
売り場のほとんどがノートPCでゲーム用の大型機が1コーナーあって、
通常のデスクトップPCは端の方に追いやられていた。
しかしそこに去年発売されたモデルで展示品のため特価、というのがあって迷わずそれにした。
21万越えだったのが、17万。
Microsoft Office は2019だけど入ってて、テレビも見れる。
メモリは最初から16G積んでる。
今使ってるのは映像編集のために高スペックなものにしていたけど、
今後動画編集をすることもないだろうから性能面で多くは望まない。
決め手はHDDが4TBもあること。
これまで使ってきたのが2TBで、そろそろ足りなくなってきた。
これでさらに iTunes へと CDが取り込める。
キーボードもマウスも bluetooth 接続。
これだけあったら最新機種でも全然いい。

展示品だったので初期化やクリーニングで1時間ほど待った。
その間、妻も同様にデスクトップPCを買い替えたいと別なのを買うことにした。
同じ担当の方で買う。1日に2台買うのだからと妻の方は少し安くしてもらった。
支払い後、地下3台の駐車場まで1台運んでくれた。もう1台は僕が持った。
至れり尽くせり。
たまったポイントで外付けのHDDを買う。6TBのを。
今度からそっちにバックアップを取るようにする。

帰ってきてこれまで使ってきた方から写真、メール、iTunes などのファイルを6TBのHDDへ移す。
新しいPCのセットアップ。
ウイルスバスターを入れて、こちらにも移行作業用に google と google desktop を。
MS Office のライセンスコードを入力。
dropbox や evernote をインストールしてプリンタのドライバも。
最後に、Thunderbird のメールの移行、iTunes の移行。

バックアップの設定や初期化ディスクの作成はまた後日とするとして
一気に進めた。
なんとかなってよかった。間に合ってよかった。
今まで使っていたデスクトップPCはヨドバシの買取に持っていく予定。
おそらく100円にしかならないが。
でも、こちらが処分料を払うよりはいいか。

今週の大阪出張
  Date: 2022-08-11 (Thu)

企業によっては今週夏休みか。
新幹線も混むかな、と思いきや行きはそうでもなかった。
ビジネスマン向けの車両はいつもより空いていた。
どこかに出かけようとしている家族連れは多かったように思う。

戻りはJR東海からメールが来ていて、
「お盆期間の新大阪駅は大変混雑いたします!」と。
新大阪から乗ったが特に隣に誰かが座るということもなく。
京都で乗ってくるということもない。
なーんだ、と思って本や鞄を置いていたら名古屋から乗ってきて慌てて片付けた。
バタピーをつまみにしてカップの氷に缶チューハイをダラダラ飲んでいたところを。
もちろんマスクも外して。
来週の月火、15日・16日も混んでそうだな……

月曜は仕事が終わらずで21時近くまで。
後輩たちとラーメンを食べに行くことになる。
近くにおいしいところがあるんですよ、というので行ってみたらなんと先月末で閉店。
じゃあ代わりにチェーン店でもいいですか、横浜の家系ですけどということで
もう少し歩くと出てきたのは「町田商店」
今住んでいる家のすぐ近くに数年前にできた店。
だけど機会がなくて一度も入ったことがなかった。
家系は胃もたれしそうと妻が尻込みしていたこともあり…

サラリーマンに若者たち、グループで個人で。
結構お客さんが入って活気がある。
チャーシュー麺に味玉を追加、
到着後さらに野菜(もやしとキャベツ)を追加した。
遅くまで仕事をした後ということもあって案外うまいなと感じた。
味の濃さや油の量も選べるので薄めにしたら妻も食べられるかもしれない。

火曜の昼は梅田の第二ビルへ。
打ち合わせの都合でオフィスを出たので13時過ぎ。
地下の洋食屋「グリル北斗星」でトルコライスを食べた。

火曜は仕事が谷間となって午後マストの仕事が少しばかり。
14時半には終わって午後休を取ることにした。
先週・先々週に引き続き、なんばへ。
それまでは心斎橋寄りのなんばだったのが、今回はより南へ。
南海駅のある方。

コインロッカーに荷物を預けて、なんばCITYの地下街を歩く。
地上に出てブックオフ。
300円、500円コーナーを見るがざっと見る限りめぼしいものなし。
他の中古CD屋を回るかどうか。
まあもうちょい見てみるかと棚をもう一周すると
掘り出し物ではないけど、この値段なら聞いてみるかというのが何枚か出てくる。
Big Mountain / Lisa Stansfield / Keiko Lee / Finch など。
結局6枚も買ってしまった。

なんばCITYに戻る。
梅田の地下街も把握できていないが、なんばも広くてよくわからず。
なんとはなしに高島屋に入る。
初めて歩く大きな町のクラクラする感覚があって
そこにさらに大きな百貨店のクラクラする感覚が重なって頭の中が飽和する。
そのうちに気分が落ち着いてきた。
最上階の7階には岡本太郎の絵が飾られていた。タイルでできていた。

高島屋の地下に戻って焼き鳥屋で串を8本買う。
妻へのお土産に大阪の店のお菓子を買う。
ボールのように真ん丸いパイの中にあんこが入っているもの。
テリテリしていておいしそうだった。
地下には丸善があった。
セレクトショップ的な品ぞろえで rockin'on を探すも見つからず。
地下街に旭屋書店があることを知ってそこで買った。

この焼き鳥が思いがけず絶品。
一串150円ほど。
塩味だとレモン汁の小袋と塩の小袋が同封されている。
「正起屋」という店。
店舗一覧を見ると関東圏にはないようだ。

そういえば。
前回泊まった時はホテルの入り口に祝甲子園出場、星稜高校様とあった。
星稜なら少なくともベスト8まではいくだろうと思っていたら
先週末愛工大名電に大差で負けてしまった。
今回行ってみたら何事もなかったかのように立て看板が消えていた。

先週買ったCD #95:2022/08/01-2022/08/07
  Date: 2022-08-10 (Wed)

2022/08/01: BOOKOFF PLUS なんば戎橋店
Lou Reed 「Magic And Loss」 \693
Madonna 「Ray Of Light」 \330
Mary Chapin Carpenter 「Party Doll」 \990
(Soundtracks) 「Salsa!」 \550

2022/08/02: メルカリ
Biohazard 「No Holds Barred」 \980

2022/08/02: www.amazon.co.jp
Urban Dance Squad 「Beograd Live」 \300

2022/08/03: www.hmv.co.jp
Simon & Garfunkel 「Simon & Garfunkel's Greatest Hits」 \550

2022/08/03: ヤフオク!
King Kooba「Nufoundfunk」 \1480

2022/08/07: www.amazon.co.jp
Tokyo No.1 Soul Set 「Triple Barrel」 \1725

---
Simon & Garfunkel 「Simon & Garfunkel's Greatest Hits」

先日、新宿のブックオフで
サイモン&ガーファンクルのベストアルバムを550円で見かける。
今更聞いたことがない曲があるわけではないけど、
コレクションとしていつか安く買えるときがあったら買っておこうと思っていた。

家に帰ってきて聞く。
なんか違う。イメージしていたものと違う。
でも、このベストアルバムが高校時代僕が初めて聴いた
サイモン&ガーファンクルのアルバムだというはっきりした思いもある。
”I Am A Rock”から始まって”Homeward Bound”という
この曲順が体に馴染んでいる。
違和感の正体が分かる。
何曲かはライヴバージョンで入ってなかったっけ?
それがない。全曲スタジオアルバムから選ばれているようだ。

サイモン&ガーファンクルのベストアルバムは何種類も出ているが、
僕はそのうちの2枚を混同していた。
ブックオフで購入したのが
1981年発表、17曲入りの「The Simon & Garfunkel Collection」
(邦題は「若き緑の日々」)で、
ライヴ・バージョンを含むのが
1972年発表、14曲入りの「Simon & Garfunkel's Greatest Hits」
(邦題は「グレーテスト・ヒット」「グレイテスト・ヒッツ」)
恐らく、ファンが思い浮かべる
80年代までのベストアルバムと言えばこの2枚なのではないか。

前者の「若き緑の日々」は旧規格のまま再発されないようだ。
聞いてみたら音が小さかった。
気になって「グレイテスト・ヒッツ」を HMV の中古で取り寄せたら
(こちらも550円だった)
今もよくCDショップで見かける2003年版で、
特に表記はないもののリマスタリングされているのだろう、
音質がいいとは言えないが音は大きくなっていた。
「若き緑の日々」の選曲もいいのに残念だ。

でもまあ僕もどちらか1枚を選ぶなら「グレイテスト・ヒッツ」の方かな。
何年のどこの、という表記はないもののライヴ・バージョンが入っているのが嬉しい。
そのベストアルバムにしか入っていないテイクを選んでいて、
それまでのアルバムからの寄せ集めではないのが嬉しい。
曲数が少なくなるものの14曲、44分というサイズもちょうどいい。
”April Come She Will”や”A Hazy Shade Of Winter”や
”The Only Living Boy In New York”が入っていたら申し分ないが、
それはまあその曲が収録されたアルバムを聞けばよいか。

ジャケットだけで言えば「若き緑の日々」だな。
彼らの中では一番いい。
夕暮れ。2人が波打ち際を歩いていて、
野球帽をかぶってうつむいたポール・サイモンはギターを背中に抱えている。
側をカモメだろうか、それぞれの方向に向かって点々と歩いている。

「若き緑の日々」は高校時代の友人の誰かから借りたはず。
特に洋楽を聞かないという家でも
ビートルズ以外にカーペンターズやサイモン&ガーファンクルの
アルバムは1枚か2枚ある、ということが多かったように思う。
決してストーンズやジミヘンではない。

高校の頃はああ、この曲知ってる、あの曲も聞いたことがある、で満足だった。
口当たりの甘い、エヴァ―グリーンな曲の数々。
時々、CMやドラマで聞こえてきて、あ、いいな、という。
30歳を過ぎてポール・サイモンのソロを聞くようになって、
大人になったポール・サイモンの苦悩や試行錯誤や浮き沈みがわかるようになって、
彼の内省的な部分が見えるようになって、
サイモン&ガーファンクルの聞こえ方が変わった。
その中で改めて
どうしたらこんな美しい曲、複雑なのに軽やかに聞こえるメロディーが書けるのだろう
と驚かされた。

彼らを代表する1曲と言えば今も”The Sound Of Silence”だろう。
ポール・サイモンがアメリカを離れている間に
レコード会社が勝手にバックの演奏を付けた有名なフォークロックのバージョン。
彼らの1枚目(1965年)や
ダスティン・ホフマン主演の「卒業」のサントラ(1968年)でも聞くことができるが、
ギターだけのオリジナルのバージョンもいい。
暗くて、寂しくて、消え入りそうなギターの音、2人の声。
歌詞の内容からしてもこちらの方が合っている。
ここが彼らの、特にポール・サイモンの本質なのだな。
でも、ベストアルバムにこちらが選ばれることはない。

こちら側のサイモン&ガーファンクルを集めた裏ベストもあってよさそうだけど。
ポップ職人としてのポール・サイモンではなく、
人間ポール・サイモンに焦点を当てたベストアルバム。

身辺雑記:08/01-08/07
  Date: 2022-08-09 (Tue)

08/01(月)

3時ごろみみたに起こされてカリカリをあげるが、吐いてしまう。
それを片付ける。床を拭いたり。
その後あまり眠れず、4時半に目覚ましが鳴る。
いつものようにゴミ回収車がケースを置いていくのを待って
瓶缶ペットボトルを出したり、
玄関にアルコール消毒のを置くなど
ペットシッターさんの受け入れ準備をしたりして家を出る。
東京は小雨。

新幹線の中で部門内のワークショップの課題。
Globis の動画を一本。茨城のFMラジオ番組。
最近の最先端技術動向をAI系のライターが語って
女性のアナウンサーが受ける。案外面白かった。

10時、オフィス着。
この日は終日資料作成。周りは予算回り、僕はそれ以外。
昼は以前一度訪れた居酒屋のがっつり系カツカレー。

18時に仕事を終えて、他の人たちは飲みに行ったが僕はやめといた。
ホテルへ。星稜高校歓迎の立て看板。
応援団が泊まるのか。
今週もなんばへ。ブックオフで先週買うかどうか迷ったCDを買って
心斎橋のPARCOの地下飲食店街。
四川料理の店で石鍋麻婆麺など。
ホテルに戻ってきて大浴場。
森達也『A』を読む。
月曜から夜ふかしを見て寝る。

---
08/02(火)

7時前に起きて大浴場。
8時前にホテルを出る。
この日も暑くなりそう。

午前中はずっと打ち合わせ。
部長レビューなど。
昼は以前訪れた中華の店。
五目焼きそば、麻婆豆腐、油淋鶏、ライスのセット。
午後もパッケージ製品の打ち合わせ、資料修正など。
定時過ぎに出る。

新大阪駅でお土産に以前買ったハチミツプリン、
たまには駅弁と福井のかにめし。
昨日買ったCDの解説を読む。
森達也『A』を読み終える。
いかにして映画製作を進めたかというノンフィクション。
荒木浩、森達也、いろいろな葛藤がある。面白かった。

東京は夜もモワッと暑かった。
22時過ぎに家に着く。
みみたがお出迎え。すぐにもベランダに出たがる。
町中華で飲ろうぜは初期のころの町屋の再放送
坂ノ上茜が伝道師と呼ばれ始めた回。
モヤさまは鶴見。
午前0時過ぎに寝る。

---
08/03(水)

7時起き。
今日も猛暑。今日までかな。
縄跳びしていたら切れた。クッション腹筋。コーヒー。
猫草を植え替える。
法事で熊本に帰っていた妻が戻ってくる。
昼はざるそば。

予算見積のパート、できる限り近付かないようにしていたが、
思いっきり予算オーバーのをなんとかしたいと結局僕に振られる。
とりあえず明日考える。
少し早く仕事を終えてペットシッターさんへの支払いで駅前のATMへ。

『人喰い』の続きを少し読む。
夜は妻が用意してくれる。
ゴーヤ、ピーマンの肉詰め。
飲まずにはいられないと缶ビール、焼酎を飲む。

ぼっちキャンプが沖縄で2時間スペシャル。
迷宮グルメも最近は沖縄。
テレ朝とTBSでヒロシの足代を折半してるのか。
そんなことを twitter で呟いたら
そのヒロシからいいねが。

23時過ぎに寝る。

---
08/04(木)

夜中、何度も雷が鳴る。
7時起き。
クッション腹筋、コーヒー。
曇りとなって久しぶりに涼しい。
エアコンをつけずに過ごすことができた。

企画構想書の修正と予算見積のスリム化と。
両方抱えて忙しい。
昼はざるそば。
午後、大雨。

別のコンサルの方がスポットで入って
企画構想書の意見をもらう。
勉強になった。

見積のスリム化は案を作成したが、
それはコンサルではなくエンジニアの考え方だと一掃。
資料を作り直して残業。
19時半まで。

サラメシがなかったので「いいいじゅー」を見てみる。
気仙沼で起業した若者。
猫歩きは富良野。
晩御飯は義弟から以前いただいた鮭の混ぜご飯の素。
サラダ。母から送られてきたしじみの味噌汁。
迷宮グルメの再放送。
『人喰い』の続きを少し読む。
下の部屋で窓を開けていると風が入って涼しい。
町山智弘のアメリカを見て寝る。

土曜に奥多摩に行くつもりが、
工事区間があるとか、青梅がその日花火大会だとか、
そもそもこの時期奥多摩はキャンプで混んでるんじゃないかと。
他の候補を探す。やはりダムがいいとか。

---
08/05(金)

明け方寒かった。
7時起き。縄跳び、クッション腹筋、コーヒー、ヨーグルト。
ずっと曇りでこの日も涼しい。
いろいろ食い違ってその調整の打ち合わせのはずが、いくつか流れる。
昼ざるそば。
いろいろと不穏な空気を感じつつも定時過ぎに仕事を終える。
焼きそばバゴーンと付属のわかめスープ。
カリカリホルモン。

新日本プロレス。
新日本風土記は松本清張。
水を流し、溜める溝の彫られた巨石は渡ってきたイラン人の信仰の跡だという。
ツマミになる話。棚橋弘至や土屋アンナ。
おんな酒場放浪記。
ベストヒットUSAはTOTOと depeche mode
タモリ倶楽部はなし。
午前1時前に寝る。

---
08/06(土)

7時起き。
縄跳び、クッション腹筋、コーヒー。
後輩ちゃんと3人で奥多摩へ。
夏のキャンプ需要で青梅から先の一本道が渋滞かなと不安だったけど
青梅に着くまでの方が混んでいた。

奥多摩湖沿いの「のんきや」でカツ丼。妻たちはラーメン。
おでんを追加。
奥多摩ブックフィールド、他にお客さんもいて30分ぐらいかなと思いきや
客は僕らだけであれこれ説明もしてもらって2時間近く過ごしてしまった。
本もたくさん買った。

麦山浮橋を渡って、奥多摩駅へ。
駅前のキッチンカーのわさび丼、初めて食べた。おいしかった。
ヤマメのフィッシュ&チップスの店がなくなっていた。
前から気になっていた精肉店でコロッケとメンチカツを買う。
妻はクラフトビールの店で2本買った。

青梅に戻って花火大会が始まる前にささっと抜ける。
澤乃井もへそまんじうにのも寄らず。
青梅の特産物の店にも寄らず。

高速に乗って帰ってきて家に荷物を置くと
妻は後輩ちゃんのお祝い事のため、近くの焼肉屋へ。
僕はみみたをベランダに出して、洗濯物を片付け、
せっかく買ったコロッケなのでその日のうちに1個食べてみる。
これもなかなかうまかった。ソースいらず。
缶ビールを1本飲む。
少し遅れて焼肉屋に合流。
年末以来か。梅で味付けした上ミノは今回も。
長芋焼き、紅芋焼きを今回初めて頼んでみた。
前者はわさびで、後者はバターで食べる。
これまた初めてのコムタンクッパもうまかったな。

お笑い向上委員会は引き続き見取り図で2週目。
ナダルが不調でなんと後半3週目に前倒し。
世田谷ベースを少し見て寝た。

---
08/08(日)

7時半起き。
縄跳び、クッション腹筋、コーヒー、金太洋の缶詰。
涼しいのは今日までか。
機能に比べると少し蒸し暑い。庭に水を撒く。
『人喰い』を少し読む。
街録、イタリアの再放送、Lazy Sunday

ライフに買い物。
昼は西友のレトルトのカレー。
昨日奥多摩で買ったコロッケ、メンチカツを乗せて食べる。
新聞のクロスワードパズル。
写真の整理。

Lazy Sunday 終わって、『人喰い』の続き。半分まで来た。
笑点。先週に引き続き桂文枝。好楽は健康上の理由で欠席。
孤独のグルメは season7 最終回。八丁堀のニラ玉。

甲子園は第一試合の光星学院を知らずに見逃すが勝っていた。
音を消して付けっぱなしにしていた。
最後、近江と鳴門は少し見た。近江強いな。
ポツンと一軒家。
見終えて、録画の町中華の館山とこころ旅の北海道初日。
中川家のコントの再放送を見て寝る。

午後、日が出て暑くなった。
熊本の岐阜が送ってくれた卓上扇風機を使ってみる。
鹿島の叔父から電話。
お土産に渡した餃子や鶏の丸焼きはうまかったか、
お盆は帰るのかと。

奥多摩ブックフィールドへ(後編)
  Date: 2022-08-08 (Mon)

土曜のさらに続き。
「奥多摩ブックフィールド」の職員室を後にして、
小河内小学校の残りの部屋を見てみる。
細長いまっすぐな廊下、奥多摩湖に面した側が教室になっている。
いくつかは近所の方たちの創作活動やお稽古事で使われているようで鍵が掛かっていた。
教室のままで残されて机や椅子が並べられているところもあった。
廃校が決まり、最後の卒業式の日に黒板に記されたメッセージがそのまま残されている教室もあった。

2階に上がる。体育館につながっている。
職員室の真上の部屋を3つか4つほど
恐らくどこかの美術大学か映像の専門学校で長期的に借りているのだろう、
揃いの黒いTシャツを着た若者たちがいて、
ある部屋では何人かがノートPCに向かって映像の編集を進めていて
別の部屋ではカメラを立てて演技を行っていた。
夏休みを使った補講の集中製作なのか、
あるいは普段は全然違うことを学んでいる学生向けに夏休みだけのワークショップなのか。

小学校を後にしようと玄関を出ようとしたところで
「奥多摩ブックフィールド」の一人がわざわざ顔を出してきてくれて
また来てくださいと人懐っこい笑顔を浮かべた。

坂を下りて引き返し、「麦山浮橋」へ。
ここは昨年も来たことがある。
湖の反対側に浮橋を渡している。
しばらく渇水で通行不可となっていたのがこのところの大雨でまた通行可能になった。
坂道を少し上って小河内神社の駐車場に停めて、まずは神社のお参り。
奥多摩湖のグリーンの湖面を見下ろす。
どこかで火事なのか消防車が一台、サイレンを鳴らしながら山梨方面に向かっていく。

坂道を歩いて下りいく。
浮橋に続く階段へとさらに下りていくと若い釣り人がちょうど釣り上げたところだった。
後輩ちゃんが何が釣れるのか聞くとブラックバスだと。
昼から初めて3匹目。

浮橋を往復して帰ってくる。
涼しい日でよかった。雨も降らず、穏やかな湖面が広がる。

周りの観光客はこの日、中国系と思われる家族、若い女性たちのグループ、カップルが何組か。
その彼らが停めたのだろう、来た時は一台も停まっていなかったのに
帰ろうとすると坂道の入り口左右に三台ずつ縦に停まっていた。
その間をギリギリ車が通れるか。
ここに停めていいのかよくないのか、掲示の類が何もない。
坂道を上って車に戻り、下りていくと
進んできた大きな車が道を譲ろうとせず、ぐいぐいそのまま上ってくる。
仕方なく妻の運転する車が譲ることになって坂道をバックで上ることになった。
なんだかなあ、と思いつつ、まあ譲り合いの精神で。
しかし彼ら、帰りに自分たちの車を無事出せただろうか。

坂道を歩いて上っているとき猿を見かけた。
茂みの中に消えていった。
小河内ダムのビジターセンターの駐車場に差し掛かった時も
小さいのが二頭、普通に木の脇を歩いていた。
山に食べ物がなく、観光客の残すかあげたものを期待しているのか。

奥多摩駅でトイレ休憩。
奥多摩駅は町おこしの一環で日本一綺麗なトイレを目指しているんですよね。
そのために若者たちがグループを結成している。
町役場の裏の駐車場は今日もおっちゃんたちが適当にして的確な運営を。
停めて駅前に戻る。
先日の朝イチでも取り上げられていたキッチンカーのわさび丼、
今回初めて食べてみた。
過去2回訪れた時はどうせ観光客向けだろうと高をくくっていた。
いや、これ、とてもおいしかった。しまった。
キッチンカーの中にいた男女も気さくにあれこれ話してくれた。
おろし金は2万円もする高級なものだとか、
一日一組限定でわさび田のツアーを行っているとか。

前回来た時に入った唐揚げの店がなくなっていた。
ヤマメのフィッシュ&チップスがうまかったのになー。
お客も多かったのに経営が立ち行かなくなったのか。

前から気になっていた駅前の精肉店「一松」でコロッケとメンチカツを買う。
店の中には柴犬がいて通りがかかる人たちとじゃれる。妻も一緒になって遊ぶ。
都心だと衛生がどうのとうるさく言う人もいるだろうけど、奥多摩だとそれもない。
のんびりしている。
妻はその近くのクラフトビールの店でIPAなど缶を2本買った。

車に乗って後は帰るだけ。
一本道を青梅まで戻って花火大会で渋滞になる前にささっと抜けていく。

涼しい一日で雨もちょっとぱらついた程度。
目当てとした奥多摩ブックフィールドでも楽しい時間を過ごすことができて
いい一日を過ごすことができた。

- Sun Board -