HomePage Search PastLog Admin

最新の『岡村日記』

はてなダイアリーでも同じものを公開しています。http://d.hatena.ne.jp/okmrtyhk/


「玉川上水散策絵図」
  Date: 2020-10-22 (Thu)

先月、妻と国分寺を散歩したとき
南口を出て東京方面の坂を下ったところにある古本屋に入った。
僕が学生生活を過ごした90年代にもあったかどうかは覚えていない。
マンションか雑居ビルの地下にあって古着屋と3、4軒並んでいる。
ほんやら洞の近くにあって、裏通りには学生時代よく通った中古CD・レコード屋の珍屋。

中央線的な乾いた、まったりとした文化を感じさせるような古本屋で、
こぎれいで品ぞろえがよかった。
この著者にこんな本があったのか、店主の目利きが伺えた。
もちろんジャズがかかっていた。

妻が「見て」と棚から取り出したのが「玉川上水散策絵図」というものだった。
細長く平べったい、折り畳みの箱の中に入っている。
試しに広げてみたら両手いっぱいで持ちきれないぐらい長い。
横には広がらない。ひたすら縦に続くようだ。
サブタイトルに「30キロの史跡緑道」とあるぐらいで。
「村松 昭 散策絵図シリーズG」と書かれていて、後で調べてみたら
他に天竜川、浜名湖、屋久島など。多くが在庫切れ。
プレミアのついたものだと大井川が6,670円、高尾山が19,800円、荒川・隅田川が28,584円。
この玉川上水も3,532円。
僕は確か600円で買ったので、あの古本屋は良心的な店なのだろう。

家に帰って改めて広げてみたら果てしなく長い。
階段の上から下まで届いた。
奥多摩の御岳山に源流があるのか。
羽村市の小作取水堰から地図は始まって多摩川が羽村の堰で分かれる。
福生に入って昭島、立川、武蔵村山、東村山、小平と流れていく。

懐かしい一橋大学のグラウンドを探す。
その近くに津田塾大学があった。
この小川の側の小道を夜、走らされて津田塾大学の寮へと突撃するという「ストーム」という行事があった。
(その数週間後、津田塾大学の寮生が一橋大学の寮を訪問する「ブリーズ」がセットとなる)
僕にとって玉川上水というのはこの狭い範囲の緑豊かな散歩道のことだった。
全長30kmもあったとは。僕はこの本の一部しか知らなかったのだな。

小金井公園を経て西東京市、武蔵野市、杉並区と来て終点となっていた。久我山の辺り。
amazon のレビューを見たらまだその先があって、暗渠になっている部分が割愛されているのだという。
さらに続くのか!

こういった道のりが全てイラストで描かれていて、
周辺で見ることのできる草花や鳥たち、ちょっとした名所にゆかりの偉人、
行われる祭りなども描き入れられていて賑やか。
イラスト地図って面白いな。
三鷹駅の近くには太宰治が入水した場所が描かれ、
そのすぐ近くに「路傍の石」の山本雄三記念館。
上水を挟んで井之頭公園には椿の花が咲き、メジロが飛んでいるというような。
福生基地の周りはよく見たら鳥ではなく戦闘機が飛んでいた。

物干し台というもの
  Date: 2020-10-21 (Wed)

バルコニーに置いてある物干し台は前に住んでいた方が置いていったもので、
少なくとも10数年近く使っていることになる。
ベースの部分がプラスチック製で、水か砂を入れて使うようだ。
ボロボロになってあちこち穴だらけ、片側は底に穴が開いたのか水なしで砂のみ。
もう片側は水がたまっている。これが元々砂だけで雨が入り込んだのかよくわからず。
なんにせよ妻曰くこのままにしていると夏は蚊が沸くと。
交換しようということになった。

僕は物干し竿だけ残して物干し台全部、ベースと支柱を変えるつもりでいたら
妻はまだ使える支柱がもったいないと。ベースだけ買えるんじゃないか。
試しに島忠に行ってみたらコンクリート製ないしはプラスチック製のベースしかなく、
支柱は扱っていないようだ。島忠のネット通販でも検索して出てこない。
その島忠のベースも支柱2本が連結されて穴が楕円形のひとつのものしか置いてない。
うちのは2本の支柱が少し離れているタイプのものだった。

今週になって amazon で探したらベースだけ、
しかも2穴が分かれているというのがあった。
支柱そのもののサイズは測ってみると合いそうだ。
間隔は恐らく大丈夫だろう。なんらかの規格に沿って作っているはずだ。

それが昨日届いたので届いたので重たいのをバルコニーまで運んで交換しようとしたら
今使ってる方の支柱の部分を根元で固定するパーツが取り外せなくて新しい方の穴に入らない。
古い方は固定するパーツに合わせて楕円形の穴がひとつ空いていて、
新しい方は幹の入る穴が離れてふたつ。
思わぬ落とし穴。
このプラスチックのパーツを金づちで壊そうとしても全然壊れず、外せず。
むしろ金づちの先が外れて吹っ飛んでしまった。
砂利の上を転がる。家の壁や窓にぶつからなくてよかった。

しかたなく amazon で返品手続きを行う。
しかし今日になって販売元からは特に返信なし。
開封後利用できないと分かっても自己責任なのかもしれない。

じゃあとこの2穴ベースを活かせる支柱だけ売ってるのかというと全然見当たらない。
ようやく、楽天でアイリスオーヤマのが1件見つかったのみ。
しかしこれが届いて使おうとしてもまた別の落とし穴があって使えなかったりしたら。
支柱の直径が大きくて入らないとか、微妙に緩くてグラグラするとか。

物干し台はベースだけではなく全体を交換しないといけないんだな。
というかなんでこんなに買いにくい、交換しにくいものなんだろう。
ベランダやバルコニーに置いてる人は全国にたくさんいるはずなんだけど。
そして支柱は錆びても重たくて丈夫なベースが残って
支柱だけ交換したいという人はいるんじゃないかと思うんだけど。
この辺りの物事は21世紀になっても社会の進化から取り残されているのか。

最近買ったCD
  Date: 2020-10-20 (Tue)

買ったCDのメモは常に書いてるんだけど、
仕事がちょっとでも忙しくなると億劫になって公開が追い付かず。
今度から毎週あげていこうかなと。

先週はクレジットカードの締めを過ぎて今月分を、ということで
diskunion と amazon でオーダーしたのが届く。
大半が中古とはいえ、やっぱ買いすぎだよなあ……

2020/10/12: TowerRecords新宿店
Jaco Pastorius 「Jaco Pastorius」 \1980
Charli XCX 「How I'm Feeling Now」 \2189

2020/10/13: www.hmv.co.jp
Tower Of Power 「Back To Oakland」 \310

2020/10/16: ヤフオク!
(V.A.) 「Live Forever」 \400

2020/10/16: tower.jp
Yo La Tengo 「Sleepless Night」 \1980
Blackpink 「The Album: BLACKPINK Vol.1 (Ver.3)」 \2701

2020/10/16: diskunion.net
Sufjan Stevens 「Carrie & Lowell」 \1500
Elliott Smith 「XO」 \580
Tower of Power 「Hipper Than Hip: Live in the Studio 74」 \2250
Naked City 「Grand Guignol」 \2250
Esplendor Geometrico 「En Directo: Madrid Y Tolosa」 \780
Esplendor Geometrico 「Live in Utrecht」 \980
(V.A.) 「若松孝二傑作選 夜にほほよせ」 \1850

2020/10/17: www.amazon.co.jp
David Munrow 「Music of the Crusades」 \1039

2020/10/17: diskunion.net
フード・ブレイン 「晩餐」 \3300
Esplendor Geometrico 「EnRoma」 \1400
(V.A.) 「No Nukes」 \880

2020/10/18: www.amazon.co.jp
Steve Earle 「Just An American Boy」 \2490
Chico Science & Nacao Zumbi 「De Lama Ao Caos」 \2500
(Soundtracks) 「Talk To Her」 \1100

2020/10/18: www.hmv.co.jp
Tom Petty 「American Treasure」 \2618
Tom Petty 「Wildflowers & All the Rest」 \6103
PJ Harvey 「To Bring You My Love - Demos」 \1897
Sandals 「Yesterday's Tomorrow」 \891
畠山美由紀 「Live at Gloria Chapel - The Great American Songbook -」 \594
LINDBERG 「LINDBERG BEST FLIGHTRECORDERV」 \297
LINDBERG 「EXTRA FLIGHTU」 \297

2020/10/19: www.amazon.co.jp
Tower of Power「Soul With A Capitol "S"」 \980
(V.A.) 「Talk To Her 〜Imagination」 \376

---
Esplendor Geometrico は今から10年前の国内盤紙ジャケを今更ながら集めていて
限定700枚ということなんだけど、hmv.co.jp ではまだ普通に新品が取り寄せ可能。
DiskUnion でも安く中古が。

Sandals は幻の2枚目を日本国内のみ限定発売となっていて、
なぜか hmv.co.jp にディスカウントされた新品がたくさんあった。
メーカーが倒産して在庫が流れたのだろうか……
でもこれお蔵入りになるのもわかるな。
1枚目より先に進もうとしてるけど暗くて重い。

Tower of Power を集めているのは
先月末、オリジナルメンバーだったベースのロッコが亡くなって
『Lazy Sunday』でも追悼で曲が流れて、あ、かっこいいなと。
学生時代に何枚か買ったけどよさがわからず。
再結成後の「Soul Vaccination Live」なんかは売ってしまったんじゃないか。
CD棚に見つからない。
リマスターされた音で聞きたいと集め始めるが、なかなか見つからない。
2008年ので規格を揃えることにした。

フード・ブレインは「若松孝二傑作選」で聞いた音源が思いがけずかっこよすぎて。
ルーズなのにタイトな和製ブルースロック。ヴォーカルなしのセッションが生々しい。
「若松孝二傑作選」も最近今更ながら集めていて、
初期はちみつぱいの演奏した「夜にほほよせ」も30分と短いけどムーディーな好盤だった。
ほんと70年代初めの若松孝二監督のもとにはいろんな才能が集まってたんだな。

先週よく聞いてたのが John Zorn で。
Masada とか Pain Killer とか色々もってたのを iPhone に入れて聞いていた。
「Spy vs Spy」とか50歳の誕生日を記念した Electric Masada のライヴとかよかったですね。
Naked City「Grand Guignol」は持ってなかった1枚を。
前半はドビュッシー、スクリャービン、アイヴズといったクラシックの作曲家のカバー。
後半は1分弱のスラッシュでハードコアな曲を32曲かな、集めたことになってて
「拷問天国(Torure Garden)」とほぼ重なるんだけど、
これはそのまま収録し直してるのか再録なのかはこれから聞き比べてみるところ。
ちなみに、「Bonehead」と「Hellraiser」はミヒャエル・ハネケ監督の
『ファニー・ゲーム USA』で使われていた。

「Music of the Crusades」の邦題は「十字軍の音楽」
歌というもの、音楽というものは人類の知性や文明の発展と共に常にあったわけで。
中世の音楽とざっくり捉えていたものも地域や時代の違いがあるはずなのに何も知らなかった。
このアルバムは十字軍遠征の際に歌われた曲を再現していて、
そういえばこの時代どうだったのだろう、まさか何も歌わずに進軍していたわけがなかろうと
「十字軍 音楽」と検索すると普通に amazon で出てきた。
ほとんどが作者不詳。素朴な手書きの楽譜だけが残されていたのだろうか。
この夏、レゲエやアフリカの音楽を買い漁っていた反動でヨーロッパの教会音楽が聞きたくなった。
古ければ古いほど素朴で純粋で、心が洗われるんじゃないか。
そう思って試しに「中世ルネサンス音楽への招待状」というのを取り寄せてみたらドンピシャだった。
あーこれだよこれと在宅勤務中のヘヴィー・ローテーション。
その次に買ってみたのが、この「十字軍の音楽」

何をきっかけにしたのか、amazon で
ペドロ・アルモドヴァル監督の「トーク・トゥ・ハー」のサントラの国内中古盤が引っかかって、
合わせて監督が脚本を書いているときに聞いていたというプレイリストをCDにしたのが出てきて両方をオーダー。
異形にして儚く、そしてスタイリッシュな恋愛映画として監督の代表作のひとつだと思う。
サントラも、クラシックの室内楽のアンサンブルで静謐さをたたえた漆黒の美を漂わせ、
そこにカエターノ・ヴェローゾのしっとりとした歌やフラメンコのギターを組み合わせて素晴らしい内容だった。
プレイリストはチェット・ベイカーの「My Funny Valentine」やニーナ・シモンの「My Way」
といった有名どころを押さえつつ、シャーリー・ホーンやジミー・スコット、新しいところでは goldfrapp など。
淡々と切々と哀感を歌う、というような曲が並んでいてこちらも聞き込んでしまう。
これはセットで iPhone に常備するべきですね。
サントラとは別に、映画にインスパイアした曲を集めたアルバムというものが一頃はやったもので。
あれは『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』が最初だったと思う。
カメラ回しっぱなしのリアルなドキュメンタリーというテイでつくられたから音楽はなく、
撮影前の車の中で聞いたミックステープという設定だった。
その手のものではこのペドロ・アルモドヴァル監督の「トーク・トゥ・ハー」のが最高峰なんじゃないかな。

10/12-10/18
  Date: 2020-10-19 (Mon)

10/12(月)

7時起き。久しぶりに縄跳び。クッション腹筋。
コーヒー。こころ旅は岩手県へ。
母からフルーツギフトの詰め合わせが届く。スチューベン、柿、キウイ。
センサーライトの電池を交換する。
洗濯物を外に干そうとしたら小雨。

昼、届いたばかりのキウイをひとつ食べてみる。
ヨーグルトのように滑らか。
普段スーパーで買うものとは全然違う。
土曜のグラタンの残りと、ミルクシーフードヌードル。

本棚を買おうということになり、
とある業者の製品が気になってショールームの見学を問い合わせる。

先週から取り組んでいた要約資料、いっきにまとめてみる。
勤務時間をずらして、早めに営業終了。
夕方外出。
新宿のタワレコで取り置きのCDを買う。

四谷三丁目まで歩いて行って「りんごの花」で飲む。
レイショウさんが阿蘇から上京で久しぶりに会う。
お土産に焼酎をいただいた。
りんご鍋、貝焼きみそ、いがめんち、馬肉の刺身、鯖冷燻など。
青森の馬肉や赤身しか食べないですね、という話になった。
その後「坊主バー」へ。
お坊さんってお酒を飲んでいいのか、いや、いいんだよなと。

23時近くまで飲んで帰ってくる。
寝たのは午前1時近く。

---
10/13(火)

眠い。午前7時起き。縄跳び、クッション腹筋。
コーヒー、こころ旅。妻は出張。
昼は蕎麦。
曇ってきたので洗濯物を早めに取り込む。

昼、蕎麦を茹でる。
やまやに缶ビールを買いに行く。
寺田寅彦の随筆を読む。

夕方の打ち合わせがなかなか終わらず、19時からのこころ旅は途中から。
何かトラブルがあったようなんだけど話がよくわからず。
妻の帰りが21時を過ぎそうでカップヌードル。
鑑定団を半分だけ見て、駅に迎えに行く。
昨晩頂いた芋焼酎を飲む。
猫歩きは久高島。
ヒロシのぼっちキャンプを見て寝る。

---
10/14(水)

7時起き。曇り。昨日は夏日だったが、今日から寒そう。
縄跳び、クッション腹筋、コーヒー、こころ旅。
スムージー。レモンとバナナのみのシンプルな。

今日は暇というか余裕があるな、と思っていたら
朝から不具合系の問い合わせが。
結果不具合ではなかったけどそれだけでほぼ半日潰れた。
15時から事業部のキックオフをZOOMで。
僕よりも若い人たちが部長になる時代となった。

昼、蕎麦。
夜はみそ汁とサラダをつくり、ご飯を炊いて納豆。
こころ旅の後はテレビを見ず。
日曜に買ったリサイクルボックスが昼に届いてキッチンの脇に置く。
寺田寅彦など読みながら過ごす。
妻が坂口安吾の文庫本をたくさん買ってきた。
話を聞いているとこの人こそ日本一の危険思想だと思う。

ふとしたことからリンドバーグが気になってベスト盤など調べる。
そうしてるうちに午前0時半。

午後、問い合わせがひと段落ついてライフに買い物に出かけようと歩いていたら
先月外壁塗装を担当してくれたあんちゃんが。
時期をずらして始まった裏の家も担当してるんだな。
あ、ども、と挨拶をする。
また今回も台風14号などで雨が続いて大変だ。

---
10/15(木)

7時起き。曇り。さらに寒い。
縄跳び、クッション腹筋、コーヒー、こころ旅。
今日は陸前高田。大きな堤防が築かれている。
僕が訪れたときにはなかった。復興が進む。
リサイクルボックスの段ボールや発泡スチロールを資源ごみに出す。

iPhone を PC に接続してもすぐブツブツ切れてしまう。
どうしたもんかと試行錯誤するが、結局はUSBケーブルの問題だった。

仕事の合間、土曜に本棚の展示に行くにあたって、置く予定のスペースの寸法を測る。
ここにコンセントがあって、窓枠まではだいたい……、などと。
写真を撮ってEXCELに貼ってあれこれの長さを書き入れてプリントアウトする。

昼、LIVIN へ。食材を買ったついでにかき揚げと白身魚フライを。
冷凍ご飯を解凍して乗せて食べる。
この日は午後ふたつ、聞いているだけでよい全体会議が。
そのうちのひとつ夕方のが流れる。
島忠へ。昨晩のダストボックスの下に敷くマットを買う。
横にちょうどいいサイズのがあって、縦の分は切って使う。

以前探して見つからなかった自社と客先の入館証、本格的に探す。
机の周辺、引き出しの中にはない。
あ、そうだ、在宅勤務に入る前、スーツだった時の鞄はどこだろう?
と探してみたらその中にあった。数カ月前のことなのに忘れている。

切り干し大根の煮物、こんにゃく炒め、ポテトサラダをつくる。
夜はレタス、コーン、トマトのサラダを中心に。
昨日今日と酒は我慢。
この日もテレビは見ない。寺田寅彦を少し読む。
寒くなって靴下を履き、床暖を入れる。
午前0時前に寝る。

---
10/16(金)

7時起き。今日も曇り。もっと寒い。
縄跳び、クッション腹筋、コーヒー、こころ旅。
青森から届いたキウイと昨晩熊本から届いたみかんを食べる。

この日は妻も在宅勤務。
昼、蕎麦を茹でる。
ライフに食材を買いに行く。
煮豚をつくる。午後ずっと煮込むがホロホロになりすぎる。
もしかして1時間ぐらいでよかったのか。

こころ旅、チコちゃん、新日本風土記は再放送で東京の野菜。
ダウンタウンなうはつまみになる話。
おんな酒場放浪記。
タモリ倶楽部はぺこぱとトム・ブラウンが出て、バナナ以上に滑る食材を探す。
午前1時前に寝る。雨。

---
10/17(土)

8時に起きる。終日雨。
クッション腹筋。

10時半、外出。
五反田TOCのショールームで本棚を。
12時に着いて地下の飲食店街で中華の店に入る。
僕は牛バラ煮込みかけごはん。
妻はワンタンメンと半チャーハンのセット。
餃子も頼んだ。
予約の時間まで地下の輸入雑貨の店を見て回る。
1回にはユニクロやABCマートがあるものの
それ以外は昭和のまま時が止まったかのようなビルだった。

本棚を見終わってフロアの他の家具の店を見る。
いい店があった。ここは穴場だな。
妻がユニクロで買い物をして、僕にもTシャツを1枚買ってくれる。
代々木上原のケーキ屋に寄って帰る。

雨が降って冬のように寒い一日で風呂を沸かして入る。
おつまみキャベツをつくり、昨日の煮豚に茹でたジャガイモのを加える。
20時よりニコ生の『DOSCO prime』
Blue Note Tokyo でのアコースティックセットや最後に生演奏など。
有田Pのおもてなすが銀シャリと天竺鼠。
きじまりゅうたの小腹。
NHKに回したらベネチアでの快挙を受けての黒澤清監督のインタビュー。
Covers が筒美京平特集の再放送。
午前0時前に寝る。

結婚のお祝いに頂いたグラスを割ってしまう。

---
10/18(日)

1時半頃目が覚める。
寝てて吐いたのが喉まで上がってきた。
しばらく布団の中で過ごすがどうにもならずトイレに駆け込んで吐く。
昨晩の煮豚の油を取り過ぎたか。
妻に心配される。
8時過ぎに起きて体温計で計ると35.4℃で熱はない。
少しぼんやりするが、具合が悪いというのではない。
コーヒー、クッション腹筋。みかんとキウイを食べる。
街録。イタリア。Lazy Sunday
紅茶を淹れて昨日買ったクロワッサン。
Surface の調子が悪く、回復オプションからWindows10を再インストールしてみる。
完全な初期化ではなく、設定を残すことができるので楽。
Evernoteやウイルスバスターなど入れ直す。
全般的に早くなったように思う。まだしばらくは使えるか。

昼は妻がつくってくれたチャーハン。
Lazy Sunday が終わって、妻は車を点検にもっていく。
冬のタイヤに履き替えるために後ろに積み込む。
その後、散歩がてらやまやとライフへ。
夜も妻がつくってくれる。
ブリをオリーヴオイルで焼いてバルサミコ酢のソースをかける。
昨晩の「DOSCO prime」を見返す。
赤ワインを一瓶空けてしまう。

その後具合が悪くなることはなく、腹を下したりもしていない。
妻が編集学校のZOOM会議の間、下の部屋で iTunes への曲の取込。
モヤさまは新座。野火止の辺りを歩いていた。
爆笑問題のシンパイ賞。
千日回峰をされた方のドキュメンタリーを後半から。
先日の週間文春の阿川佐和子との対談にも出てたな。
以前見た映像が再利用されているようだ。
23時半前に寝る。

『DOSCO prime』
  Date: 2020-10-18 (Sun)

昨晩はニコ生で『DOSCO prime』の「幕張イベントホールのはずだった編」
ドリカム初のオンラインイベント。

ブラウザではなくニコ生のアプリでというのがよくわからずで最初数分間視聴できなかったり、
見れたら見れたでコメントの嵐でよく見えなかったりと妻のご機嫌斜めだったが、
終わったときには満足していたようで。

「DOSCO」とはドリカム・ディスコのこと。
ドリカムの曲をディスコ仕立てにして皆で踊ろうというもの。
中村マサ先生がアレンジし直して、DJがプレイする。
そのアルバムも数日前に発売済み。
「うれしい!たのしい!大好き!」や「決戦は金曜日」に始まって、
「何度でも」や「未来予想図U」もディスコになるのか!
マサ先生の手にかかるとなんでもディスコになるんだな。
(ドリカムの曲に限るならばですが)
ディスコという名前で EDM とか21世紀以後のダンスミュージックになるのかなと最初は思ってたけど、
聞いてみたらそんなことはなく。
そりゃそうか、ドリカムの2人がリスペクトしてるのは70年代のソウルだからな……

本来ならばワンダーランドと裏ワンの間の全国ツアーだったはずで、
吉田美和先生も何度も「本当はこれ幕張でやりたかった」と。
向こう側の別世界のドリカムの2人がアニメとなって『DOSCO prime』の曲を2曲。
Blue Note Tokyo で撮影したアコースティックセットからも2曲。
(「a little waltz」をやってたかな。この辺りは会場ごとに別の曲になるのだろう)
ピストン西沢先生などゆかりのDJが独自にミックスした音源をかけて
そこに高校生のダンスチームが踊る映像をつなげたり。
S+AKSによる恒例のブートキャンプ風のダンス指導があったり。
最後は生でアコースティックの生演奏で「YES AND NO」
といった盛りだくさんの構成。
事前収録済みの映像を流しながら脇に映った2人がコメントを拾い上げたり茶々を入れるという。
もう一度繰り返すけど、ナマは1曲だけ。
トータル2時間弱でサクッと終了。

これはこれで面白かったけど、ホールでやってたらどうなるのだろう?
僕は最初ニコ生とはいえ、マサ先生のつくった音源をバックにして美和先生が2時間歌うのかと思っていた。
でも妻曰く「美和ちゃんは観客を前にしないと歌えないから」と。
先日のサザンのように無観客コンサートはできない。
でも、ホールに観客を集めてだったらもっと歌ったんじゃないか。

あと、各公演ごとの内容はどう変わるのか。
Blue Note Tokyo で事前収録した曲が変わります、
最後の生演奏の曲が変わります、
コラボする高校生のダンスグループが変わります、というだけだと物足りない。
これもまた妻曰く、
「今回のは美和ちゃんが2時間喋らないといけなくて負担が大きいから、次回から見直しが入るんじゃないかと」
なるほど、と思う。人前で話すのが苦手だからテレビにも滅多に出ない。
ニコ生だから話せるというものでもないだろう。
この辺り来週末のさいたまスーパーアリーナでどうなるか。

これから年末に向けてほぼ毎週開催。
オンラインイベントだと人数に制限がないのでどの会場も申し込み可能。
妻はあとふたつ申し込んでたな。
そのうちのひとつは地元の友だちも確か、というもので。
ニコ生を見ながらリアルタイムに LINE でやりとりすることになるだろう。
実際昨日もこんなふうになったと伝えながらだった。
つまみを前に缶ビールを飲みながら。
コンサートの見方もがらりと変わってしまったな。

五反田TOC
  Date: 2020-10-17 (Sat)

外壁塗装の工事が先月終わって、次は積年の課題のもうひとつ本棚の整理へ。
引っ越し以来本を床に山積みにしているだけの部屋があって、そこの壁一面を本棚としたい。
しかしなかなかちょうどいいのはないわけで。島忠やニトリで売ってるのは今一つ。
リフォーム業者にオーダーメイドを頼むのが一番いいんだけどかなりお金がかかる。

探しているうちに、最近よく SNS で広告の出てくるところのが気になってちょっと見てみるかと。
デザイン性が高くてシンプル。
五反田にショールームがあるという。
コロナ禍の今は予約制となっている。問い合わせて今日の昼行ってみた。

終日雨。しかも冬のように寒い。
環七から甲州街道に出て山の手通りを行く。
ショールームは五反田の TOC というビルの中にあった。
僕は知らなかったけど、妻は何度か来たことがあるという。
化粧品を売る店の穴場があったと。
広々とした展示スペースではいろんな業界のファミリーセールが行われている。
この日も3つの催しがあった。

予約は13時からで、12時に着いた。
駐車場に停めてまずは地下の飲食店街で昼を。
歩いてみて、なんというか昭和のままというか。
雑然としているわけではない。でもあちこち古びて佇まいが色褪せている。
ニュー新橋ビルを思い出した。

中華の店に入って食べた。
妻はワンタンメンと半チャーハンのセット。
僕は牛バラ肉煮込みがけごはん。餃子を追加。
上の階のどこかが不動産関係の資格試験の会場になっていて、
それがちょうど御膳のが終わったところだったのか
ぞろぞろと地下に流れていく中に僕らも混ざった。
食べていると周りはそんな感じの一人で食べている若者たちばかりだった。
食べ終えて地下を歩いてみる。
喫茶店ナポリタンの店やロコモコの店、いろんな店があったけどどこも空いている。
ひとつだけ並んでいるところがあって「ニクシチ定食」が名物だという。
七味をかけた焼肉。今度来てみよう。「志野」という店。

エレベーターホールを挟んで反対側が雑貨屋など。
個人経営で輸入しているところが小さな店を出しているのだろう。
あるいは古物商関係か。
メキシコの雑貨を売る店、妻が以前来たという輸入した化粧品の店、やたらと猫や犬の置物がある店。
土曜なのに人通りはそんなになくて、売れるのか大丈夫かと思ってしまう。

時間が来て9階へ。
ショールームを見学させてもらい、本棚をどういうサイズでどんなふうにするかイメージを膨らませた。
CDラックの類もいろんな種類のがあって、CDも整理もできないかあれこれ見てみた。
終わってフロアを一回りしてみる。
ここは家具関係のショールームが集まっているようだ。
その多くが予約制で閉めていたが、いくつかは営業していた。
木材にこだわって机や椅子を製作・販売しているところが端切れを売っていたりする。
「CRASH GATE」というブランドの家具がスタイリッシュで欲しくなった。
個人宅用のバーカウンターとバースツールなど。ここは穴場かもしれない。

4階も歩いてみた。同様のショールームや輸入雑貨の店が並ぶがやはり閑散としている。
今月で閉店と貼り紙をしたところもあった。
1階まで下りた。ユニクロやABCマートのアウトレットがあってこの階だけは明るい。

帰りは代々木上原経由で環七へ。
モスクを通り過ぎて妻がよく買うというケーキ屋に立ち寄る。
その先に小さな建物があって「ROSE RECORDS」と看板が。なんだろうと妻が言う。
何か聞いたことあるなと後で調べてみたらサニーデイサービスの曽我部恵一の立ち上げたレーベルだった。
そうか、下北沢に近いもんな。
さらにその先には Grateful Dead の大ファンと思われる店が。
店先の青いバスには『Steal Your Face』や『Skull and Roses』などのジャケットに描かれた
イラストをあしらうことでカオスになっている。
この店も後で調べてみたら Grateful Dead 関係の輸入雑貨を扱う店のようだった。

TOCは面白かったな。
昭和40年代から見た近未来のまま時間が止まっているかのような。
東京にぽっかりと空いたちょっとした異空間のよ

「自閉症は津軽弁を話さない」
  Date: 2020-10-16 (Fri)

興味深い記事を教えてもらった。
『「自閉症は津軽弁を話さない」この謎に挑んだ心理学者が痛感したこと』
https://news.yahoo.co.jp/articles/0960757c17deda48910c476937ed4ceb5afde8a5

弘前大学で働く心理学者がある日、妻にこんなことを言われた。
「自閉症の子どもって津軽弁しゃべんねっきゃ(話さないよねぇ)」
彼は最初、それは自閉症の子供特有の話し方であって方言を話せないではないのだ
と考えていたが、全国のいくつかの地域で調査すると確かに
「自閉症の人々の方言使用が少ない」という印象を抱いている人が多かった。
自閉症を専門とする研究者から様々な推測がなされるが、彼は腑に落ちない。
同じ弘前大学の方言学の先生に教えを乞う。曰く
「方言主流社会では方言を使うのは心理的距離の近さを表します。
 いわば、共通語圏でのタメ語と丁寧語のような関係が、方言と共通語の間にあります。」と。
心理的距離の理解が難しい自閉症の人は方言を使えない、ということになる。

しかしこれだけでは答えにならない。
彼は方言を話す地域の子供は、身近な方言とテレビ・DVDの共通語のふたつの言語に晒されている
という状況に着目する。
自閉症の子供は家族の話す方言は真似しないが、
テレビ・DVDの共通語は真似するというケースがあるという。
そこでひとつの結論に至る。
周囲の人々との時々刻々と変わる状況・関係性の中で習得しなければいけない身近な言葉よりも
何度も再生可能なDVDなどのメディアの言葉の方がパターンとして習得しやすいのではないか。
実際、ある子どもは記憶のストックの中からパターンを引き出すようにして話していた、
繰り返すうちにアレンジして日常会話がぎこちなくも飼わせるようになった、という事例があった。

なるほどなあ。
「自閉症は津軽弁を話さない」
なんかそれ、よくわかるなあと思った。

僕も小さい頃は自閉症ではないにしてもかなり引っ込み思案な子供で
内に閉じこもりがちで本が一番の友達という感じだった。
近所の子やクラスメイトと外で遊ぶには遊ぶけど、一人でいる方が断然好き。
そんな僕は周りがどれだけ津軽弁を話していても、かたくなに津軽弁を話そうとしなかった。
それが小学4年生ぐらいまで続いたか。
「誰も触れない僕だけの国」が壊されてしまいそうで。
「向こう側」に渡ることができなかった。
そこに本=共通語への逃避というのが重なったのだろう。
共通語は正しい、方言は汚いという思い込みもあった。

小学5年生頃から「普通になりたい」という要求が勝るようになったのか、
津軽弁を話すようになった。
というか自分の中でのこだわりがなくなった。
その時僕は大人になるための段階のひとつを越えたのだと思う。
自分対世界の図式でしか捉えられなかったのが、世界の中での自分対他者という転換が図られた
とでも言うか。

その小学4年生のまま今の年齢になっていたら僕は
青森の片田舎で部屋から出ない引きこもり生活を送り、発達障害と呼ばれていただろう。
紙一重だったんじゃないか。そのことを考えるとゾッとする。
先天的な要素や後天的な状況にも寄るだろうが、
誰だってその可能性はあったんじゃないかと思う。

つながる・つながらない
  Date: 2020-10-15 (Thu)

Windos10のデスクトップPCに iTunes を入れていて、iOS14 の iPhone をつなぐ。
ここ数日撮った写真を取り込むのと、アルバム数枚分の曲を入れ替えようと。
一昨日はスムーズにつながったのに、今日は全くつながらず。
つながってはすぐブツッと切れてまたつながってを繰り返す。
ピンポロロンという音が鳴って、終わるとまた鳴って、また鳴って……

・USBケーブルを一度抜いてまた指し直す。
・デバイスマネージャーを立ち上げてドライバーが最新か確認する。
 あるいは無効にして再度有効にする。
・iPhone と PC をそれぞれ再起動する。

どれをやっても状況は変わらず。つながってはすぐ切れる。
iOS14.01 を入れたのがよくなかったのだろうか……
年に一度の新商品投入の時期に合わせた大幅なバージョンアップで
いくつかの機能が大きく刷新されている。
本来ならばバグが枯れてから、iOS14.1ぐらいになってから行うのが望ましい。
先日見かけた業務連絡でも会社支給の iPhone は
まだ iOS14 にアップグレードしないでくださいとお達しが。

急ぎすぎたか。こんなときにはどうしたらいいんだろう。
そもそも空き容量いっぱいに音楽ファイルを詰め込んでいるので
修正モジュールがリリースされてもダウンロードできない。
空けるには PC につないでアルバム10枚か20枚分ぐらい消さないといけない。
なのにつなぐことができない。万事休す。
いつかつながるようになるかもしれないと何度もPCの再起動をやり直してつなげてみる。

しまったなあ。
途方に暮れる。

ふと、ダメもとでUSBケーブルを新品だけど充電用にしか使ってなかったのに変えてみたら
問題なくつながるようになった。
え、たったこれだけ……
長年使っているうちにケーブルの中の線が摩耗してどこかが切れてしまうのだろう。

ここ数年このつながらない問題に悩んでいた。
でも、上記3点のどれかを試すと不安定ながらつながるようになった。

iPhone を新しくした直後はこんなことはなく、
一年ぐらいすると時折つながらなくなる。
これは PC か iPhone 側になんらか問題あるんじゃないかと思っていた。
思い込んでいた。
ソフトウェアなのかハードウェアなのか、どこかが劣化して詰まっている。
だから PC / iPhone の再起動やドライバの確認が有効だとしていた。
こんな基本の「き」だったとは……
かなり脱力した。
iPhone を買い換えたらUSBケーブルも付属しているのでそりゃ、新しくなる。
なんで気づかなかったのか。
俺のバカ。

右から左へ
  Date: 2020-10-14 (Wed)

昨年青梅を訪れたときに、猫の街だと知る。
ゴジラやブルース・リーなど猫でパロディ化した映画の看板をあちこちで見かけた。
いくつかレトロな絵葉書を買った中に、こんなのがあった。

「SIPPOROL
 湯上りに
 ルーロポッシ
 堂猫和」

お父さん猫が赤ん坊の猫を抱いて、ベビーパウダーをはたいている。
和光堂の「シッカロール」ですね。今も続くロングセラー。
https://www.nttcom.co.jp/comzine/no088/long_seller/index.html

上半分は左から右へ読んで、
下半分は右から左へ読む。
上記サイトだと「シッカロール」と左から右へ。
実際のとはデザインが異なるので何とも言えないところがあるんだけど、
昔の看板って確かに右から左に書かれてたよなと。
これを真似るだけでかなり懐かしさ感が出てくる。

僕の小さい頃はまだ、大型トラックのコンテナに書かれた
所属企業の看板を兼ねた大きな文字が右→左だった。
正確には、車体に対して左側が右→左で、右側が左→右だったような。
進行方向に合わせて。
いや、逆かな。逆のような気がする。
最近はそういうの全く見かけなくなった。
左→右に統一されている。

日本は縦書き文化だった。右から左へ。
そこに明治維新後本格的に欧米の横書き、左から右の文書が入ってきて、
じゃあ日本語はどうすんだとなったんだろう。
慣れているのは縦書きで右→左、しかし欧米化も進めたい。
横書きで右→左なのはその妥協の産物なのか。
横書きとは考えず、一行一文字の縦書きと考える。

それが若い人たちに違和感を覚えさせるようになって
いつか消えてしまったとき、日本の欧米化は完了したのかもしれない。
いや、探せばまだ少しは右→左トラックは走っているか。
それでも、少なくとも看板は消えた。

特に法律はなく、国内外ともに決まったものはなく、
ただ単に慣習的なものだったんじゃないかな。
アラビア文字は右から左だと聞きますよね。
全く読めないので右も左もわかりませんが……

「りんごの花」「坊主バー」
  Date: 2020-10-13 (Tue)

昨晩、遠方からの客人を東京で迎える。
青森料理を食べたいとのリクエストで、荒木町(四谷三丁目)の「りんごの花」へ。
月曜の夜ということもあってほぼ貸切だった。
僕らが入った頃にカウンター席に座っていた若者が入れ替わりで店を出て、
僕らが帰る頃にまた別の若者が一人というだけ。

鯖の燻製、いがめんち、貝焼きみそ。
コロナ禍で帰省することはできず、ただ故郷の食べ物を食べるというだけ。
りんご鍋という新メニューができていて、これはなかなかおいしかったな。
あっさり味噌味で豚バラ肉。薄切りのりんごがよく合う。
この日の品種はサンふじだったか。

店内で流れるビデオでねぶた、ねぷた、立佞武多、三社大祭を見る。
今別の荒馬祭りもあった。
そのところどころに「モータースクール」や「三ツ谷自動車学校」のCMが挟まれていて懐かしかった。
サンロード裏の「ザ・ビデオ屋」だとか。
吉幾三は五所川原の立佞武多の運行初日や最終日にステージで歌うんですね。
あと、三社大祭では虎の被り物で練り歩いて獅子舞のように子供の頭を噛む。

店を出て、荒木町を少し歩いて前から気になっていたという「坊主バー」へ。
飲み屋の集まる古い雑居ビルの2階。その狭い2部屋。
片方にはバーカウンターがあって、片方は控室兼事務所兼VIPルームか。
僕らが上がった頃はバーカウンターの方は満席で、お客さんに取り囲まれて読経が行われていた。
そちらの席が空くまでVIPルーム(?)で待つ。
仏旗に護摩を焚いた跡に手塚治虫『ブッダ』に涅槃像、インドの象の置物、
恐らくお坊さんが出した歌のCDとそのポスターとカオス。

席が空いたので移ると天井一面にお客さんが書いたのか、
「天」とか「法」とか「智」といった一文字の習字がびっしりと。
最初般若心境を一字ずつ書いたものかと思ったが、違うようだ。
曼荼羅図に仏壇に『美坊主図鑑』とハンドジェル。
ラサへの歩き方の貼り紙。こちらもカオス。
仏教の堅苦しさをぶち壊してフラットにしようとするとこうなるのか。
カウンターの上の小さな額には「ぐちききます 0縁」と。

もちろんバーカウンターの中にいるのがお坊さんで、
お客さんの中にもカタギの人たちに混ざってチラホラとお坊さんが。
いろんな宗派の方たちがこだわりなくいるようだ。

カクテルのメニューを見てみると
「極楽浄土」「無間地獄」「愛欲地獄」「灼熱地獄」などと。
灼熱地獄にすると、唐辛子入りのウォッカとレモンとトマトジュースで、つまりブラッディ・マリー。
飲んでみたらピリ辛どころかかなり辛かった。
食べ物は精進料理で「生麩の胡麻油炒め」と「うなぎもどき」を食べた。
お通しのそうめんを揚げてオリーヴオイルをかけたのがおいしかった。

いやーすごかった。自分の中で何かがグラグラする。
今年一番のワンダーランドだった。

車力門通りを歩いて駅へと向かう。
荒木町界隈の店は以前敷居が高いように感じられたけど、この夜はそんなことはなく。
なんでだろうと考えてみたら、いつもは扉が閉まっていて中が見えなかったのが
この夜は換気のためか開け放しのところが多かった。
ああ、こんな雰囲気の店なんだなと。
次回はこの中の店のどこかでと話して解散。
沖縄民謡の店からは三線を奏でる音が聞こえてきた。

- Sun Board -